20mSvのなかみ

2011/05/27 1:21 に Tohru Takahashi が投稿
 いわゆる20mSvの妥当性についていろいろ議論されている。これについて,正確には文科省はなんと言っているのだろうか?
文部科学省が5月11日に出した文書「保護者の皆様へ」か抜粋すると。
「今回、屋外3.8マイクロシーベルト/時を越えない学校は、校舎・校庭などを平常通り利
用しても差し支えないと判断しました。」
とある。つまり20mSvとは言っていない。
 
この3.8マイクロシーベルト/時のでどころだが,
児童が
校庭に8時間滞在(3.8マイクロシーベルト/時)
木造家屋内に16時間滞在(3.8×0.4マイクロシーベルト/時)
として,365日過ごすと,
(3.8マイクロシーベルト/時×8時間+3.8×0.4マイクロシーベルト/時×16時間)=19.97mSv,,,約20mSv
これが20mSvの出所。
 
しかし,実際に校庭に8時間×365日滞在する生徒や児童はいない。
それは文科省も認識していて,5月12日の第31回原子力安全委員会資料に
 
 
という文書がある。
詳細は省くが,
 実際に校庭のいる時間は2時間
 登校日は200日
とか
 校庭よりその周りの方が空間線量は低い
 校舎は木造ではなく鉄筋コンクリート(木造は減衰率0.4だた鉄筋コンクリートは0,1)
など,さらにいろいろな想定をして(詳細はリンク先)
児童・生徒の事故から1年間に被ばく量を約10mSvと推定している。
さらに,このうち「学校関係分」(つまり,学校にいる時間,登校時間)の寄与は1.67mSv
と推定している。全体の約17%,残りは学校以外の寄与である。
 
今日(5月27日)文科省が「学校1ミリシーベルトを目指す」という発表という報道があった。
 
しかし,文科省はすでにいまのままでも学校関係分は1.67mSvと試算している。
今日の発表が何を意味してるのか,注意する必要があるだろう。
 
Comments